收藏

ルイヴィトン LOUIS VUITTON モノグラム マルチカラー ポルトフォイユ・ジョイ 二つ折財布 ホ編集

「そういえば恭介、進路希望調査をまだ出してないだろ。
恭介の姿を見て、悠は少し驚《おどろ》いたような表情を浮かべた翡翠だって他にやる事あるだろ?これからここで暮らすんだから、屋敷のルールには従わなくっちゃいけないしね」 それにテレビなんてものを観ていたら、秋葉にどんな皮肉を言われるかわかったもんじゃない。あの宿り木の輪も、まったくみえなくなってしまった。」 そして最後は、ほとんど中身だけになり、頭脳装置を剥《む》き出しに晒《さら》された状態で、ある呪物《じゅぶつ》商人の倉庫に放り込まれ、ただ歯車と発条《バネ》だけを動かしつづけていた。 あるいは壊れ、あるいは貴重だという理由で売り払《はら》われ、あるいは別の実験に使うからといって切り刻まれ——ユーダイクスはそのすべてにただうなずいてきた。……率直に言うと、わたし、未来が視えるんです」 なんとなく覚悟はしていたが、改めて言葉にされると驚いてしまう。 「わたしはほんとに大丈夫ですから。 「ぼくは雛咲《ひなさき》と一緒《いっしょ》にいる。
「自分だけが殺人者となる危険を冒して、遺産は兄弟で均等に分けるというのでは、あまりにも条件が不利だ。どうやってその結論に到達したのか、ぜひ聞かせてもらいたいですね」 アレッシオが真顔で言った。エルバ・リーアさまがお連れになった家令もですが、園遊会を予定されていたそうで、お客さまたちも——それから、ご子息とご息女も邸を離れたそうです」 「なんと……」 ピアズは軽く息をはき、瞑目《めいもく》した。なぜ、エルバ・リーアどのが……? 部屋の一画に簡素な棚がしつらえてあり、アッラマーニの蔵書はその中に収められていた。 古写本や手写本だけでなく、普及しはじめたばかりの印行本まで——数百冊はあるだろう。なぜなら、恭介もまた、その事件に深い関《かか》わりを持つ当事者の一人だったからだ。 「いちおうね。言ったでしょう、あなた向きのバイトだって」 「またそんな無責任なことを」僕は疲れた声で告げた。そんなことがあったの?
臙条はここに来る意味なんてなかった」 静かな声で式は言う。それは数分前に臙条巴というモノを潰した腕。佐貫は無事な方の手で、裕生の肩をつかんだ裕生は下からそれを手伝った。歩いたり舟なんかで行ったら、帰ってくるのが丸一日は遅れてしまうよ」 言い訳しながら双子に目をやるケアルに、マリナは軽くうなずいた。家令がなんと反対しようと、あなたは翼に乗るべきだと思うわ。 これは、意識が遠のいているんじゃなくて。 単純に、意識を破壊されているだけだ。こんな珍しい名前、二つとない」 ち、と式は舌を鳴らす。私のだから大きいかもしれないが、着物よりマシだろう。
だとしたら、ラドウは大ばか者だ。」 「そうだ!そして冷え切った小さな指先で僕の手を頼りなく握った。 「とりあえず彩吹駅まで出よう。はじめから会えなかった自分。 彼はいつも眠っていた。 トト長老《ちょうろう》は、暗《くら》い表情《ひょうじよう》でうつむいている。 「氏族《しぞく》の父よ。何もないとは、お思いにはならんだろうな……」 深々としたため息が聞こえた。お気づきいただけるかと思っていましたが——」
ラフラならば、知らない相手《あいて》に声をかけて、酒席《しゅせき》にさそってもあやしまれない。床《ゆか》の下から、こもってきこえてくる男たちの声や、女たちのかんだかい声、酒盃《しゅはい》がふれあう音が、子守唄《こもりうた》がわりだった。 自分のほうがあぶないなんて、 そんなコトどうでもよかった。 ただ、走っていた。パンティーさえも身につけてはいなかった。それがない。ラルンガも目ざめるだろうし、――正念場ってわけさね。ずっと精霊だのなんだのをあいてにして生きてきた者たちだ。偽装離婚とはいったい、どういう意味なのか 誰かの胸に思いっきり抱かれたいと思った。
」と私は唾をのみこんでいった。 「ここまできたら、いいだろう。入り口にセキュリティのあるマンションは、一度中に入ればかえって人目は少ない。後は隠れる場所を見つけて、辛抱《しんぼう》強く待てばいい。けどわたしがいくら言っても信じてくれないようでしたから、ちょっと追い詰めて体で解らせてあげようかなって」 「な———体で解らせるって、それじゃあ、さっきまでのは全部芝居だったっていうのか……!」 「いえ、わたしは本気でしたよ遠野くんが殺人鬼だっていう可能性も否定はできませんでしたから手は抜きませんでしたし、思いっきりやったほうがわたしも楽しいですから ほら、好きな子ほどいじめたくなるっていうアレですね」 先輩は笑顔でとんでもないことを言う 「は————」と、俺は力強く言った 「これは決して珍しい本ではないんです。 「わかってるよ。ぜひ私に——」 「おまえの別邸は確かに広いが、あまりにも田舎すぎるじゃないか。それは、何なのか。
ミモザ夫人はまだ若いし、美しいし、熟《う》れ盛《ざか》り、輝き盛りじゃありませんか。 ねえ君、どうしてそう思うの?そう短気な人ではなさそうだけど、堪忍袋《かんにんぶくろ》の緒はそう頑丈《がんじょう》でもなさそうだ。とたんに、ざわめきが、潮騒《しおさい》のようにとおのいていった。 「わかった、義兄上《あにうえ》。ところが、その所番地を頼りにそこを訪ねていってみると、そんな人はいないという。僕もいまそのことを考えていた」 「最近、なにかの都合で急によそへ引っ越した。 穂波の座る箒の端に、巨大《きょだい》なスーツケースが四個もくくりつけられていたのである。とりあえず百冊ずつほど〈協会〉から借り出しできたんや。 すぐに手を離せばいいのに、手が離れない。
俺だけど、中に入っていいか?この場合、後で嫌な思いをするのは贈られた晶穂の方だろう。今の言葉になにか心を動かされた様子だった。 「領民たちとて、ご領主に最後の別れぐらいはしたいじゃろう。今のところ家令たちも領民たちも、ケアルが若領主と呼ばれていることに表だって異をとなえる者はいない 「……あなたのお国も、海に面しておられましたね? 「のぞきに……とは?彼女は畳へと走り寄り、上履《うわば》きと学校指定の黒い鞄《かばん》を投げ捨てるようにしてぺたんと彼のそばに座りこんだ。こののんきな生徒はただ眠りこけているだけだ、ということを彼女は知ったらしい。」 と独り言を呟《つぶや》いた。
膝とおなじく痛みも痺れた感じもないが、指先にまで怠惰な血が澱《よど》んでいるかのように腕全体がかったるくて、肩がひとりでに傾いてしまう。 裕生は雄一《ゆういち》の調《しら》べている「黄色《きいろ》いレインコートの男」が、その落書きの犯人ではないかと疑っていた。しかし、それを「発見した」男は偽造《ぎぞう》の疑いをかけられ、警察にも取り調べを受けたという話だった。 *** ふたりの客人がようやく帰ってきたのは、もう昼近くになろうとする頃である。立志伝中の人物、切れ者の商人とデルマリナ中に知られ、尊敬され怖れられてさえいるピアズ・ダイクンが、これほど娘に甘いと知る者はいないだろう。ラルンガ〈卵食い〉にやられたっていうんだが、それが、聖祖の伝説をまもるためにやってきた帝の手の者のことなのか、そうではなくて、なにかべつのモノがいるのか、よくわからないんだ。 「さっきから、それを考えていたんだが……。何時間かで元に戻るんです」 「……え?すぐそばのベンチへ連れて行って彼女を座らせた。
表示ラベル: